法人設立にかかってくるコスト

法人設立で掛かるコストを軽減すること

法人設立を考えている方は、初期投資として最初に必要としている経費よりも、法人設立後に掛かる経費に重点を置くことも良い方法になります。例えば株式会社の設立を考えている方の場合では、かつての古い時代では1千万円もの資金を必要としているのでしたが、現在ではその規制が撤廃されているために、比較的初期投資を抑えて法人設立を行うことが可能となりました。
しかし、煩雑な手続きを必要としているもので、代行業者などに依頼をして法人設立を行った場合では、最低でも20万円以上の経費を必要としている場合が殆どです。
また、株式会社で設立をした後には、毎年支払うことが必要とされているものがあります。その代表的なものとしては法人住民税になり、定額を支払う義務が生じることになります。また、会社の決算などを税理士に依頼をした場合では、費用として最低でも10万円程度の経費を支払うことになりますが、初期の段階で会社の規模も小さいならば、本人が全てを行うということも不可能ではありません。

できるだけ法人設立後のコストを抑えるためには、展開している事業によっても大きく異なりますが、例えば事務所を構える場合では、自己所有の自宅を利用することもおすすめになります。商業ビルなどに物件を借りて事務所を設置することも広く行われていますが、軌道に乗るまでは自宅を活用することもおすすめになります。例えば事業内容で、物品の販売を手掛けることを目的としている方の場合では、多くの方が実店舗を構えることを考えることです。しかし、店舗となる物件を所得するために掛かる費用や、毎月に支払うための家賃、さらに光熱費などを考えた場合では、かなりの資金を有していることが一定の条件とも言えます。幸いして現在ではインターネット社会となっているために、特に物品の販売業の場合では、試しにインターネット上のショッピングサイトを利用して通信販売を活用してみることもおすすめになります。その場合では、小規模であれば一人でも運営することは不可能ではなく、商品の仕入れから在庫管理、商品の郵送、そしてホームページの更新作業などをこなすことによって、実店舗を構えることと比較した場合では、かなりのコストを抑えることが可能になります。ある程度はインターネット上で販売した際に、売れる商品と売れない商品の判断が付くことになり、アンテナショップとして活用することもでき、将来的に大きく発展させる場合では、スタッフを雇い入れて事業を大きくすることも可能になります。

最新記事

  • 法人設立と労働基準監督署について 法人設立を行った後は、社会保険に加入をするための申請手続きを行います。 株式 …

    法人設立と労働基準監督署